photo by Gettyimages
# 百貨店 # 新型コロナウイルス

まさか百貨店が「壊滅」する…のか? 新型コロナ自粛の恐るべき傷跡

営業再開で果たして復活できるのか

売上消滅

新型コロナの営業自粛の影響で百貨店の売上高が壊滅的な減少を記録した。日本百貨店協会が6月23日に発表した5月の全国百貨店売上高は、前年同期比65.6%のマイナスになった。

東京や大阪などでは食料品売り場など一部を除いて営業を停止したことから、かつて経験したことのない減少となった。

photo by Gettyimages

もともと昨年10月からの消費税率引き上げで、売上高の伸びはマイナスに転じており、5月まで8カ月連続の減少。1月までは訪日外国人旅行客の「インバウンド消費」があったことから、減少率はひとケタに止まっていた。

ところが新型コロナウイルスの蔓延が世界に広がり始めた2月以降は外国人客が激減。売上高は2月12.2%減→3月33.4%減とつるべ落としで悪化した。

 

消費増税の影響が出た昨年10月でも17.5%減だったので、3月時点でそれを大きく上回る打撃になっていたことがわかる。さらに4月には緊急事態宣言が出されたことで営業自粛が広がり、売上高は72.8%減を記録、前述の通り5月も65.6%減った。売上減少というよりも「売上消滅」といった状態に陥った。