オランダで大人気、ヘリコプターで共演する「カルテット」が凄すぎる

その名も『ヘリコプター弦楽四重奏曲』
週刊現代 プロフィール

それぞれのヘリコプターに一人ずつ奏者が乗り込み、旋回する機体の中で演奏する。マイクで拾われた音と映像がイベント会場に中継されることで、聴衆が楽しめるというわけだ。

 

ただ奇抜な曲というわけではない。演奏するにあたって緻密な計算が行われている。ヘリコプターの空中での動きも曲の一要素として組み込まれていて、高度を上げたり下げたりする動きと曲の盛り上がりが同期するという。パタパタパタ……というローターの回転音まで楽譜に入っているのだから驚くほかない

もちろん、演奏の難易度は非常に高い。冒頭の公演で演奏を終えた奏者たちには芸術祭の中でも一番大きな拍手が送られたという。(水)

『週刊現代』2020年6月27日号より