# 健康

水道水を飲むより「100倍ダメージ」が?じつはシャワーが危ないワケ

「新型コロナ第二波」に備える暮らし方
本間 真二郎 プロフィール

ぬか漬け、納豆、けずり節、豆乳など身近な発酵食品を

新型コロナウイルス感染症はもちろん、あらゆる病気に対し私たちの免疫力を発揮させるためには、やはり腸内細菌などの常在菌を整えることが大切です。そのためには「自然に沿って暮らす」ことへシフトしていくのがいちばんなのですが、とはいえ、いきなりすべてを変えることはなかなか難しいものです。

 

その第一歩として、まずは、発酵食品を取り入れる暮らし方をおすすめします。

日本は、世界でも有数の発酵食文化をもちます。毎日の食生活のなかで、みそ、しょうゆ、酢、みりん、ぬか漬け、納豆、けずり節、麹など、さまざまな発酵食品が使われています。こうした発酵食品が、昔から日本人の健康を支えてきました。

発酵食品は、微生物の働きで食品を発酵させることにより、栄養価や保存性が高まるなど、人にとって有用な食べものに変化した食品のことです。発酵を行う微生物には、一般に善玉菌と言われる麹菌、酵母、乳酸菌(ビフィズス菌を含む)、酢酸菌、納豆菌などがあります。

腸内環境を整える(整腸作用、便秘解消、腸内細菌の安定、免疫力アップなど)。
◉抗酸化作用がある。
◉デトックス作用がある。
◉うま味、甘みなど、風味がよくなる。
◉ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養価が高くなる。

発酵食品は、できるだけ天然素材(自然農や有機農でつくられた食材で、食品添加物を使用しない)、天然醸造(伝統的な製法)でつくられたものを選びましょう。

もし可能なら、自分でつくってみるといいでしょう。わが家でも、みそ、しょうゆ、みりん、酢、麹などは自作しています。つくり方を覚えれば、じつはそれほど難しくないのです。ほかにも、野菜や果物でつくった酵素ジュース、天然酵母をとって活用したパンづくりなど、いろいろな自家製の発酵食品を楽しんでいます。

ヨーグルトやチーズも代表的な発酵食品ですが、動物性食品であるため、とりすぎには注意が必要。その点、豆乳ヨーグルトはおすすめで、わが家では自作して毎日食べています。乳酸菌とひとことで言っても、何百もの種類があります。

腸内細菌は、できるだけ多くの種類が共存していることが望ましいので、多くの種類の発酵食品を積極的に食べましょう。