相手に夢中な夫…離婚するしかない

「いまは相手に夢中になっているから、何を言ってもダメ。いったんは受け入れて離婚しよう。目が覚めたら、絶対に戻ってくる。そうしたら、また元夫と再婚すればいい」

離婚すれば、子ども2人の児童手当ももらえる。頭の中で電卓を叩いた。児童手当の申請の締切日を考えると、いまこのタイミングで離婚したほうがお得だ。現金なようだが、実際問題、お金がなければ生活できない。

「わかった、離婚してあげるよ、その代わり、子どもたちにはあなたから説明してね、って言いました。『お父さんは仕事で海外に行くことになったからしばらく会えない』って、泣きながら話していましたよ」

「息子のせいで申し訳ない」という義実家に引っ越し費用と新しく借りるマンションの準備金を出してもらい、子ども2人を連れて移り住んだ。

香寿美さんが離婚をしたくなかったのには、もう一つ大きな理由がある。

「実は私自身が母子家庭育ち。死別だったんですけど、それでも人生のなかで、不利益なことがたくさんありました。4大は経済的に厳しいと言われたから短大にしたし、就職先も親に『安心だから』と頼まれたから銀行に決めた。いろいろな場面で差別も受けた。同じ思いを子どもにさせるのがいやでたまりませんでした」

しかし、こうなった以上、仕方がない。せめて経済的な面では、子どもに負担をかけたくない。
当時、香寿美さんのパートの手取りは約16万円で、マンションの家賃は9万円。元夫からの養育費や児童手当を含めてもゆとりある生活には程遠い。そこで、香寿美さんは転職活動を始めた。

今の収入では無理だ。そう思って転職活動を始めた Photo by iStock

「幸い、銀行に勤めているときに簿記2級まではとっていました。その資格と、会計事務所に4年勤めていた経験を武器に『一人で決算までできます』とハッタリをかまして、別の会計事務所の正社員の口を狙ったんです」