譲渡会で緊張している2頭に心が釘付け

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

ペットとの暮らしを考えたときに、「保護動物から」と考える人が最近はとても増えています。でも、まだ「保護された子たちは人馴れしていないから飼育しにくいのでは」「信頼関係が築けないのでは」と思っている人も少なくありません。

そこで、「毎日猫さん、ときどき犬くん」の連載では、ミグノンから巣立っていった動物たちが今どんな暮らしをしているのか、その状況を知ることも、保護動物を身近に知ってもらうきっかけになるのではないかと考えました。

今日ご紹介するのは、6年前の2014年7月に正式譲渡が決まった猫の「ななせちゃん」と「姫ちゃん」の今をお伝えします。

食いしん坊で少し大きくなったのななせちゃん。写真/飼い主さんより
名前:ななせちゃん
性別:女の子

年齢:約14歳2ヶ月(譲渡時は約7歳)
性格:食べるの大好きなおっとりやさしい姉さん

経緯:2014年7月13日ミグノンから正式譲渡
姫ちゃん。お鼻の模様がキュート。写真/飼い主さん
名前:姫ちゃん
性別:女の子

年齢:約10歳2ヶ月(譲渡時は約4歳)
性格:遊ぶの大好きなやんちゃ娘、なのに怖がり

経緯:2014年7月13日ミグノンから正式譲渡

ななせちゃんと姫ちゃんを迎えたのは、神通優子さん。今から6年前のことでした。

「もともと幼い頃に猫と暮らしていたこともあって、保護猫ってどんなものなのかな、と興味を持っていました。そんなとき、ミグノンさんの記事を読んで、最初は猫シェルターのボランティアに参加したのですが、猫と暮らしたいって気持ちは募るばかりで……。でも、当時住んでいたアパートはペット可ではなくて……。このままだと一生猫と暮らせないのかな、と思い、ダメ元で大家さんに相談したところ、快く猫を飼うことを承諾してもらえ、改めて、ミグノンの譲渡会に参加したんです」

当時、神通さんは30代後半。寿命が20年近くある猫と暮らすには、今の年齢を逃すと厳しい。今しかない! と思ったといいます。

「譲渡会ではたくさんの猫が参加していました。ななせは洗面器の中で緊張してまるまっていました。姫も人を怖がっていたので、ケージに暗幕をかけた状態で参加していました。暗幕を少しだけ開いて覗くと、キュッと体をこわばらせていました。2頭とも人馴れしている感じはなかったのですが、その姿が心に刺さってしまったんですね」

最初は1頭だけの譲渡のつもりだった神通さんでしたが、2頭のほうが留守番があっても寂しくないかも、というアドバイスから「ななせちゃん」と「姫ちゃん」を迎えたといいます。

「でも、本当にななせと姫がいっしょでよかったことはたくさんあります。常に仲がいいわけではありませんが、2頭がくっついて寝ていたりすると、本当に幸せな気持ちになりますね」

仲良く手をつないで寝ているななせちゃんと姫ちゃん。写真/飼い主さん

後日、ななせちゃんと姫ちゃんを迎えてからの生活についてお伝えします。

ミグノンには、保護動物がたくさんいます。保護動物一覧はこちらに

ウサギの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」も募集中です

3月にウサギの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものウサギを保護することになりました。それに伴い、譲渡してくれる方だけでなく、ウサギのケアをしてくれる「預かりさん」も募集しています。預かりボランティアとウサギの飼育に関しては下記をご確認ください。

預かりボランティアって何?

うさぎの飼養に必要なものは?

上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。

※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください

仕事の合間にボランティアで保護活動を行なっているため、電話での問い合わせや見学の受付を行なっておりません。順番にお返事を差し上げますので、ご用件はお問い合わせフォームよりお願いします。