PTAに入ってない

オギャ子:学校の懇談会とかも、めろんさんが行くんですか?

めろん:行きますよ。でもうち、PTAに入ってなくて。

オギャ子:え……!? ほんまに!?

めろん:最初の懇談会で、PTAについての説明があるじゃないですか。ぼく挙手して、「あの、ぼく本で読んだんですけど、PTAって法的には束縛の権利がなくて、あくまで任意なんですよね。そういう認識でいいですか?」って。

※写真はイメージです Photo by iStock

オギャ子:ひ~~~!(笑)

めろん:そしたら、「そうですね」って答えが返ってきて。だから入らなかった。

オギャ子:それ多分、相当変わったお宅だと思われてますよ(笑)。

めろん:うーん、そうなのかな。でもぼくたちとしては毎日すごく穏やかなんですよ。だって入ってないから、悪口言われてても分からないじゃないですか。Twitterで全員ブロックしてるみたいなものだから(笑)。

でも、ひとつ偉いなあと思ったのは、学校が「PTAに入っている体」で接してくれることなんですよ。例えばPTA主催の会についてのプリントが配られた時、うちの息子だけ貰えなかったら変な空気になるじゃないですか。だから、ちゃんと渡してくれて、あとから電話が来るんですよ。そういう事情で一応渡しましたけど、気にしないでくださいって。

-AD-

オギャ子:じゃあ、PTA主催の行事には一切行ってないんですか。

めろん:うん、やってるかどうかすら知らない。

オギャ子:参加しないっていう勇気がすごいな。

めろん:いや、普通ですよ(笑)。そもそも、子供もぼくたちも塾や仕事があって土日も忙しいですし、行事とかあっても行かないと思う。

オギャ子:そう言うけど、普通は子供が仲間はずれにされたら可哀想やなあと思って、イヤでも参加するねんで(笑)。

めろん:そうですよね……。いや、でもまずその価値観を壊すところから始めましょうよ!

オギャ子:私は、PTAとかももっとお父さんが参加してくれたらいいなと思ってるんです。

めろん:そういえば、うちでも最初の総会でそんな意見が出てたな……。でも、その発言をしていたのはお父さんでしたね。やっぱり男性の方が意見を言いやすいのかな。