深夜の大喧嘩

オギャ子:めろんさんのお宅はどうなんですか、夫婦のコミュニケーション。

めろん:うちはもう諦めてます(笑)。一度大喧嘩したんですよ。というか、ぼくが一方的に怒っちゃったんですけど。仕事のこととかいろいろあって、「もう九州にいたくない、離婚して東京に帰る」って深夜にパートナーを叩き起こして宣言して。

オギャ子:ムチャクチャやんか……。

Photo by iStock

めろん:そしたら翌日彼女からメールが届いて、「あなたの気持ちは分かりました。たいへん残念ですが、いたしかたありません」みたいな。

オギャ子:ビジネスメールじゃないですか(笑)。

めろん:そこに「あと数年もすれば、子供も独立するでしょうに」みたいなことが書いてあって、ふと目が覚めたんですよね。確かにあと数年だな。じゃあ頑張るかって。でもこれって、冷静に考えたら「子供が大きくなったら解散!」ってことですよね。

-AD-

オギャ子:えっ、どういうこと!?

めろん:そういうことですよ、卒婚です(笑)。でもぼく、前から子供に言ってるんですよ。「お父さんの夢は一人暮らしだ」って。「一人暮らし最高に楽しいから、みんなで数年後バラバラになって楽しもうな」って話してます(笑)。

オギャ子:変人すぎて全然共感できひん(笑)。