作家・海猫沢めろんさんの痛快子育て連載「パパいや、めろん」が、この度一冊の本に! 『パパいや、めろん 男が子育てしてみつけた17の知恵』刊行記念として、地獄のワンオペ育児経験者でもある海猫沢めろんさんと、三人兄弟の母で育児ブロガーとして圧倒的人気を誇るオギャ子さんの対談が実現!

その第2弾である今回は、夫婦関係を築く上での考え方や、子どもの寝かしつけ、学校との関わり方などについて、独特な実体験エピソードとともに語っていただきました。

>対談 第1弾の記事はこちら!

写真:森清

海猫沢めろん(うみねこざわ・めろん)
1975年大阪府生まれ。小説家。様々な職業を経て文筆業につく。医大生のパートナー、9歳になったばかりの息子と共に九州住まい。

オギャ子(おぎゃこ)
1982年、大阪生まれ。アメブロトップブロガー。マイペースなちゅんたん(長男)、心優しく激しさも持つゆいたん(次男)、甘え上手なほーちゃん(三男)という三兄弟の母。夫は輪郭が四角いことから「四角」と呼ばれている(オギャ子さん命名)。
転勤族だったが、最近ついに一軒家を購入。四角さんも転職し、いまは家族みんなで大阪住まい。

「諦めない、冷めない」

海猫沢めろん(以下めろん):四角さんは、昔は亭主関白なタイプだったみたいですが、どうやって変わっていったんですか?

オギャ子:うーん……。私が働き始めたっていうのは、もちろん大きいと思います。あと、私は「諦めない、冷めない」っていうのを夫婦の標語にしていて。

めろん:なんてすごいんだ、偉すぎる。

オギャ子:そんなことないですよ(笑)。夫婦って、一度「どうでもいい」って思ったらいつでも冷めれると思うものだと思うんです。でも私は諦めたくなくて、あちらが根負けするまで、強行突破でもいいからコミュニケーションし続けたんです。

※写真はイメージです Photo by iStock

めろん:すごい。そのモチベーションは一体なんなんですか。

オギャ子:なんだろう……。子供と自分は別ものって割り切れたことかな。ある時までは、自分は育児ブロガーなんだから、子供をちゃんと育てなきゃって気持ちがすごく大きかったんですよ。子供がグレたりしようもんなら、日本中から叩かれるだろうって。

めろん:いや、バズりますよ(笑)。ぼくはむしろ見てみたいですね、そういうオギャ子さんを。

オギャ子:バズらへんって!

めろん:「チャオ―――! 今日は面会に行きました」とか(笑)。

オギャ子:ウケる(笑)! でも、ある時もういいやと思って、すごく気が楽になったんです。子供は子供、自分は自分の人生を生きよう、と。そう決めたら、今度は夫に対して自分の気持ちを訴え続けようって思いも湧いてきたんですよね。