「背中を丸めるストレッチって何!?」「本当に効果があるの?」「背中を丸めていいものなの?」など疑問に思われる人も多いでしょうが、このストレッチは、パーソナルジム「ビーストイック」の人気トレーナー鈴木孝佳さんが、Twitterで紹介した1分間の動画が、600万回再生、48万いいね!、10万リツイートされて超話題のストレッチなのです! 

毎日数分行うだけで、ダイエットはもちろん、肩こり、腰痛、頭痛、冷え性など、さまざまな身体の不調の改善にも効果があるというから驚き。リモートワークで疲れている人や運動不足になっている人にもおすすめです。そんな背中を丸めるストレッチのメソッドとやり方を、6月26日発売の鈴木さんの著書『全人類、背中を丸めるだけでいい』より一部抜粋掲載してご紹介します。

鈴木孝佳(すずき・たかよし)
パーソナルトレーナー。会員制ジム ビーストイック 代表トレーナー・CTO。1986年生まれ。スポーツトレーナー養成の専門学校を卒業後、治療院でスポーツ障害や慢性疼痛疾患の治療を学ぶ。2010年、フリーランスのパーソナルトレーナーとして独立。年間約1500件のレッスンを行う。2019年、ビーストイックの代表トレーナー兼CTOに就任。Twitter:@takasuzuki1123

不調がよくならない原因は「肋骨」

身体の不調を改善するために「骨盤」の歪みを直す体操やトレーニングをしたことのある人は多いはず。頑張ってやったけど、不調があまり改善されなかったという経験はありませんか? その不調がよくならない原因は、実は「肋骨」にあったのです。

肋骨は全身に酸素を送る大切な部位

肋骨は、骨と骨の間が広がることで酸素を全身に送り届ける役割を持っています。猫背や反り腰といった姿勢になると、肋骨が前に突き出した形に歪みます。すると、息を吸っても肋骨が広がりにくい部分ができ、呼吸が浅く早くなってしまい、やがて不調に繫がります。

骨盤と肋骨の歪みを正すと不調が改善

骨盤は身体を支える寛骨(かんこつ)、仙骨、尾骨からなる骨格です。猫背になると、肋骨が前に突き出して歪んだ状態になります。肋骨が歪むと骨盤の形まで影響を受けるため、骨盤のみにアプローチしても改善ができません。肋骨と骨盤の歪みを同時に直すことが大切です。

多くの人は、姿勢が悪いために肋骨が歪んだ状態にあります。歪んだ状態の肋骨を整えるには、「背中を丸めるだけ」でいいんです!

背中を丸めることで、肋骨の開きが改善され、正しい位置に戻ります。これは老若男女問わず、全人類共通の方法です。背中を丸めて、正しい呼吸をするだけ! 難しいポーズやきついトレーニングは一切なし。これなら、毎日できますし、身体がリセットされるので、不調が改善します。一生できるストレッチです。

背中を丸めると肋骨と骨盤が
正しい位置に戻るメカニズム

 Bad…!
パソコン等の長時間使用で
姿勢が悪くなっている!

パソコン等を長時間使っていると、頭が前に出て、肋骨が歪み、肺の拡張と横隔膜の機能を阻害します。また座っている姿勢は、腹筋群や横隔膜、骨盤底筋など下半身の筋肉を使わないため、骨盤が前傾し、猫背や反り腰になります。

背中を丸めることで
肋骨が正しい位置に戻る

背中を丸めると、脇の下にある前鋸筋(ぜんきょきん)が鍛えられます。前鋸筋がきちんと働くことで、崩れていた背骨が正しいS字カーブを取り戻します。それに伴って、前に出た肋骨も正しい位置に戻り、横隔膜の機能が改善し呼吸も整えられます。

 Good!
ストレッチを続ければ…
一時的に姿勢が悪くなっても
正しい位置に戻せるようになる

パソコン等を使う合間の数分間、背中を丸めるストレッチをすれば、背骨のS字カーブや肋骨の位置がリセット。横隔膜は正しく機能し、呼吸も整います。肩こりや腰痛、頭痛などの不調も改善され仕事のパフォーマンスがアップします。