# 野球

野村克也氏が証明した「リーダーの評価は、何を残すかで決まる」

ノムさん最後のメッセージ(5)
野村 克也 プロフィール

異例だった外野手への転向

練習時の飯田を見ていて、私は「性格、考え方がキャッチャー向きではない」と感じていた。だから先の問いに続けて、「お前、キャッチャー好きか?」と聞いてみた。

Photo by iStock

すると飯田は黙り込んでしまった。私は彼に言った。

「お前、明日から野手用のグローブを持ってこい」

飯田は驚いた顔をしていたが、私は「足の速さは親からもらった大切な才能、財産なんだ。その足を生かしたポジションにつけ」と話した。

最初に飯田がついた守備位置はショートだった。その次にセカンドを守らせ、外野もやってみるか、ということでセンターもやらせてみた。すると、このポジションが彼にピタリとはまった。プレーに躍動感が出て、練習でも好プレーを連発したのだ。

以来、彼は不動のセンターとして、ヤクルトの日本一に貢献してくれたのはみなさんご存知の通りである。

同時期にヤクルトで活躍した土橋勝征も、飯田のようにプレースタイルを変えて成功した選手のひとりだ。

土橋は高校時代に長距離砲だったこともあって、プロ入り後もそのスタイルを貫いていた。だが、なかなか芽が出ず、一軍と二軍を行ったり来たり。彼の性格は自己主張が強いタイプではなく、自己犠牲も厭わない脇役に向いた性格だった。

だから私は主役(主軸)ではなく、つなぎ役を目指してみるように勧めた。それから彼は自分の持ち味を生かし、一軍に定着。ほどなくしてセカンドのレギュラーとなった。

 

選手たちはそれぞれに、長所・適性といった持ち味がある。私はいつもその持ち味がどうやったら最大限チームで生かされるかを考えていた。

「その選手が最も輝くには、どうしたらいいのか?」、これを考えるのが監督の仕事であり、ひとりでも多くの選手を輝かせるのが監督としての腕の見せ所でもあるのだ。