Photo by iStock
# マネジメント

優秀な人ほど実は予備軍!「しらけた社員」をどうやる気にするか?

カギになるのは「幸福感」
サイコパスな振る舞い、議論好きのように見えて好戦的、やたらと仕掛けてくるマウンティング……職場で見られる同僚・上司・部下のやっかいなふるまいには実は理由があります。
近年の進化心理学の研究から、私たちの脳は先史時代から大きく進化しておらず、その時に形成された遺伝情報に基づき行動していることがわかりました。
『職場のざんねんな人図鑑』の著者であり、進化心理学の第一人者である石川幹人氏が、人間の「ざんねん」な行動の理由に迫ります。
*本書では人間の困ったあるあるを25属に体系化し、サイコ属・しらけ属などのように表しています。

他人には厳しく、自分には甘い典型例

物事に熱意を持って取り組めないしらけの傾向を持つ人(以下、しらけ属)の振る舞いとはどのようなものでしょうか。

例えば、「ああいうのって、どうなんですかねえ」と、他人の仕事や活動に対して、斜めに穿ちつつ、遠巻きに見つめて冷笑します。関心を持って話題に加わるというよりも、距離を取って腐すような言動が特徴です。

photo by iStock

その反面、自分の主張や提案があるわけでもなく、ただ人の行動を否定しているだけだったりするため、仕事の進捗を止めることが多いでしょう。チームに1人でもいると、なかなか厄介なことになります。上司である場合には、全体の士気が下がりがちです。

 

また、他人のことにはうだうだ言うわりには、自分には意欲や向上心がなく、現状維持で何もしないことを選ぶ傾向性があります。「今より楽したい」「あの人みたいにはなりたくない」とは思いつつも、そのための努力はしません。

現実との折り合いをつけるために、「世の中そんなもの」という自己弁護や悟っている風の演出も念入りです。もっとも、それは何か考えがあるわけではなく、今の自分に甘んじるための言い訳だったりします。