クリストファー・ノーラン監督の新作『TENET』(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

劇場再開後も問題は山積み。コロナ禍のハリウッドで起きていること

ノーラン最新作『TENET テネット』が7月末全米公開

パンデミック明け一発目のメジャー大作

6月13日、ワーナー・ブラザーズはクリストファー・ノーラン監督の新作『TENET テネット』を7月31日に全米公開すると発表した。

新型コロナウイルスのパンデミック発生のため、ロサンゼルスやニューヨークをはじめとするアメリカの都市部で映画館が閉鎖されたのは3月中旬。その後、瞬く間に映画館閉鎖は米国全土へ広がっていったわけだが、その時期から世界中の映画メディア、映画ファンの話題の中心にあったのは「どの作品がパンデミック明け一発目のメジャー大作となるのか?」ということだった。

ビリー・アイリッシュの主題歌が発表されて、主演のダニエル・クレイグは人気番組サタデー・ナイト・ライブのゲストホストを務めるなど既に大々的なプロモーションがスタートしていた『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』。

シリーズを世界的なメガ・フランチャイズに育てたジャスティン・リン監督が久々に復帰、ファンから過去最大級の期待を寄せられていた『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』。

ディズニープラスが配信するテレビシリーズとの連動が始まる、マーベル・シネマティック・ユニバース・フェイズ4の1作目という極めて重要な役割を担っていた『ブラック・ウィドウ』。

そんな2020年春に世界中を賑わせるはずだった複数のブロックバスター作品の、半年から1年という大幅な公開延期が次々と発表されていく一方で、『TENET テネット』は頑なにスケジュールを動かさなかった。

 

結局、当初の公開日だった7月17日から2週間だけ延期して公開されることになった『TENET テネット』だが、その水面下では「劇場での映画体験」をファナティックに支持し続けてきたノーランと、2億ドル(約215億円)以上という莫大な製作費を少しでもリクープするために大幅な公開延期を提案していたワーナー・ブラザーズとの間で、度重なるハードな交渉があったと伝えられている。

全米最大のマーケットであるロサンゼルスを含むカリフォルニア州の映画館はまだ営業再開の許可が下りていないが、再開後も当面は1スクリーンあたりの客席稼働は25%まで、収容人数は100人までというガイドラインが義務付けられる。

平日の昼間に上映されるアートハウス系作品ならともかく、製作費1億ドル以上のブロックバスター作品がこのような条件下で期待される結果を出すことが困難なのは明らか。ノーランはそれも覚悟の上で、世界の映画興行の起爆剤として自身の新作を差し出すわけだ。