photo by gettyimages

“美しき柔道家”ビロディド、コロナ下で磨かれた美ボディと最強メンタル

溢れ出る若さ!!

柔道界の若き女王

「Эх,как же не хватает соревнований...(あぁ、試合がしたい…)」

女子柔道48キロ級の世界女王、ダリア・ビロディド(19)が、6月6日に更新した自身のインスタグラム(@dariabilodid7)でこうつぶやいた。「試合前の不安、金メダルを勝ち取るという欲望、スタンドから声援を送ってエネルギーをくれるファン、すべてが恋しい」と綴っている。

phogo by gettyimages

“美しすぎる柔道家”として知られるビロディドは、現在、同階級の世界ランキング1位に君臨しており、世界選手権では2018年、2019年と2連覇を達成。コロナウイルスの影響で、東京五輪をはじめ、様々な大会が中止・延期を余儀なくされており、こうした状況は世界的アスリートにもストレスを与えているようだ。

 

だが、ビロディドの強さのコアは強靭なメンタルにある。外出自粛下では、室内で挑戦したチャレンジ動画を投稿。71秒間で懸垂67回を記録するという、圧倒的なパフォーマンスを見せた。両手でバーを掴み、凄まじい速度で懸垂を繰り返す。最後のほうは苦しげな表情だったが、持ち前のメンタルで67回目を達成した。