photo by Gettyimages
# 新型コロナウイルス

衝撃、新型コロナショックで世界経済が「大収縮」を迎えていた…!

輸出企業の業績悪化が明らかに

リーマンショック以来

新型コロナウイルスの蔓延による経済活動の停滞で、貿易量が激減している。

財務省が6月17日に発表した5月の貿易統計によると、日本から世界への輸出額は4兆1847億円と前年同月比28.3%も減少、輸入額も5兆181億円と26.2%減った。

新型コロナの感染者や死者が増え続けている米国との貿易が激減したほか、最大の貿易相手国である中国も再びマイナスに転落した。また、関係が悪化している韓国との貿易総額も大幅に減少した。

6月に入って経済活動が徐々に再開されているものの、世界での新型コロナ蔓延はまだ終息に至っていない。こうした中で、大幅に減った貿易量はそう簡単には戻らない見通しで、今後、輸出企業を中心に大幅な業績の悪化などが表面化してくることになりそうだ。

photo by Gettyimages
 

5月の輸出額と輸入額を合計した貿易総額は9兆2029億円と27.2%も減少した。月の貿易額が10兆円を割るのは、リーマンショック後の2009年11月以来だ。

貿易総額の減少は2019年5月から13カ月連続。新型コロナ前から、米中貿易戦争などの影響で、世界経済が鈍化し始めていた。そこに新型コロナが追い打ちをかけた格好になっている。

対前年同月比の減少率は、1月、3.1%のマイナスだったが、その後、影響が深刻化。2月は7.3%減、3月は8.4%減、5月は27.2%減と減少率は月を追うごとに拡大している。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら