〔PHOTO〕gettyimages

なぜ日本の「人種差別」は“ないこと”にされるのか、その社会構造

この深刻な現実とどう向き合うか

世界中に広がる抗議運動

ジョージ・フロイドさんが警察官によって殺害された事件が起こり、アメリカでは「#BlackLivesMatter」の運動や抗議のデモが各地で連日繰り広げられている。

様々なメディアが連日伝えているように、警察官によるアフリカ系市民への暴力と殺人は今に始まったことではなかった。

1965年、ロサンゼルスのワッツ地区で黒人が白人警官によって逮捕されるが、近隣の黒人住民が多く集まったことで、その時の白人警察の残忍な行為が世間に知れ渡った。

半世紀以上経った今でも同じ現実が続いている。ジョージ・フロイド事件は5月25日だったが、その2日後にはフロリダ州タラハシーで、トランスジェンダーのトニー・マクデイドさんが警官に射殺されている。

〔PHOTO〕gettyimages
 

ジョージ・フロイド事件をきっかけとした抗議運動はアメリカ国内を超え、イギリス、韓国、フランス、ニュージーランドなど各地へ広がった。

6月6〜7日には、東京や大阪でも平和行進が行われ、世間の関心が非常に高まっている。6月12日にも沖縄市の胡屋十字路で300人が集まり、「『命は平等だ』『差別がなくなるよう知恵を広げたい』など人種差別解消への思いを訴えた」という(参照:琉球新報 2020年6月13日)。

6月14日にも渋谷で数千人規模の行進が行われた(参照:BuzzFeed Japan 2020年6月14日)。