〔PHOTO〕gettyimages

東京を壊した小池都知事をさらに追い込む「元都職員の重大告白」

「築地移転騒動」の真実

築地移転騒動とは何だったのか

東京都知事選が、6月18日、公示され候補者が出揃った。

焦点は、小池百合子都知事の再選だが、事前評は優勢。れいわ新選組の山本太郎氏、立憲民主、共産、社民などが推薦の宇都宮健児氏、日本維新の会推薦の小野泰輔氏、NHKから国民を守る党の立花孝志氏らが名乗りをあげたものの、知名度に加え新型コロナウイルス対策で見せた手綱捌きで、一歩、リードする。

〔PHOTO〕gettyimages
 

ただ、都知事4年の実績を振り返った時、成果は心もとない。待機児童、介護、残業、都道電柱、満員電車、多摩格差、ペット殺処分など「7つのゼロ」は、ペット殺処分以外、達成されていない。

なにより都知事になって華々しかったのは、「築地移転」と「五輪施設」の見直しをぶち上げ、マスメディアを存分に使った「小池劇場」で人気を高め、17年9月、希望の党を立ち上げるまで。「排除発言」で失速、翌10月の総選挙で惨敗してからは、コロナ禍で注目を集めるまで、ひっそりと都知事業務をこなしていた。

だが、再選に名乗りをあげた以上、築地から豊洲への移転騒動が何であったかは、改めて問うべきだろう。

16年11月の豊洲市場の開場予定は2年、延期され、追加工事など経費は嵩んだものの、結局、「安心」は得られないまま、移転はなし崩しで実施された。