Photo by iStock
# マイナンバー

10万円給付、申請しても「まだ振り込まれない人」が続出するワケ

IT後進国・ニッポン

やはり日本は遅れている

「マイナンバー」の導入から5年。全国的な普及が遅々として進まないようにも見えるが、コロナ禍においてその風向きが変わりそうだ。

政府は国民が開設するすべての預貯金口座情報とのひも付けを義務化する検討に入った。これは、「10万円給付」の特別定額給付金で、マイナンバーがほとんど機能せず、オンライン申請を取りやめにする自治体が出るなどしたためだ。

Photo by iStock

普及にかかる費用や、個人情報保護について懸念を示す向きもある。だが、世界に目を向ければマイナンバーのような共通番号は当たり前のように導入されていて、先進国でいえば日本は非常に遅れている。

ちなみに、アメリカでは社会保障番号、カナダでは社会保険番号、韓国では住民登録番号、オーストラリア、イタリアでは納税者番号と、共通番号の名称は国によって異なる。

これらの国では、納税から預金口座の開設など、様々な場面で共通番号を使用している。アメリカに居住する場合は、地方事務所に行き、一刻も早く社会保障番号を取得しないといけない。なにしろ、社会保障番号がなければ、マトモに生活できない。

 

米国では銀行口座、自動車保険、自動車免許、クレジットカードなど、あらゆる生活基盤の取得のためには社会保障番号が必要なのだ。社会保障番号によって、生活に不可欠なインフラがつながっているかたちだ。

アメリカでも、日本のように一律ではないが、国民に給付金が支払われている。そして、社会保障番号にリンクされた銀行口座があるために、実施決定から2週間で政府からの口座への振り込みが行われた。