知っておきたい江東区のいろは

基本情報

面積 約40.16㎢
人口 約52万人(2019年1月1日時点)


歴史

江戸時代初期に森下周辺で新田開発が行われ、深川村が成立した。1659年には、宝六島周辺で新田開発が行われ、砂村新田と名づけられた。その後、幕府は貯木場を深川の隅田川沿いに移し、1701年に現在の木場に移転させた。

深川地区は、木材・倉庫業、米・油問屋の町として栄え、城東地区は、江戸近郊の農村として栄えた。1878年に深川区が発足、1932年には南葛飾郡に属していた城東地区が城東区となる。1947年に深川・城東の2区が合併し、現在の江東区が生まれた。

-AD-

気候

東京都の南東に位置し、東京湾に面している。3月は寒さも和らぎ、中、下旬には桜も咲き始める。


江東区の名産品

【亀戸大根】
1850年頃に盛んに栽培されていた大根。小ぶりだがビタミンCがたくさん含まれている。

【深川めし】
あさりなどの貝類とネギに味噌や醤油仕立ての汁をかけた「ぶっかけ」と炊き込んだ「炊き込み」の2種類がある。漁師の日常食として生まれた。

【繊維(ニット)】
江東区は東京のニット産業の中心地。


江東区のシンボル

区の木  クロマツ
区の花  サザンカ


江東区出身の有名人

赤西仁(タレント)
小津安二郎(映画監督)
片瀬那奈(女優)
勝新太郎(俳優)
華原朋美(歌手)
越中詩郎(プロレスラー)
寺島進(俳優)
中村アン(女優)
宮部みゆき(小説家)
山田たかお(タレント)


江東区を舞台にした作品

『海は見ていた』
2002年に公開された熊井啓の映画。江戸の深川が舞台。山本周五郎の小説が原作となっている。

『するめいか』
亀戸の女子高生4人組を描いたルーツによるコメディ漫画。全5巻。幻冬舎コミックス刊。

『とと姉ちゃん』
2016年上半期に放送されたNHK連続テレビ小説。主人公たちは深川・木場の木材問屋に住んでいた。

『ぼんくら』
江戸深川に暮らす住民たちの身辺に起こる事件を描いた宮部みゆきの小説。講談社文庫刊。

PROFILE

関直宏 Naohiro Seki
グラフィックデザイナー・プロデューサー。昨年末に『stoop』をオープンし、バイヤーも務めている。

●情報は、2020年3月現在のものです。
※本記事内の価格は、すべて税込み価格です。
Photo:Aiko Shibata、Toru Oshima(お土産) Text:Lisa Nagamine Illustration:killdisco Edit:Saki Miyahara