Photo by iStock

絶滅危惧種が100万種以上! 名前もつかずに消えゆく種がいる

政府間組織が明らかにした悲惨な現状
人間活動はさまざまな地球環境問題を引き起こしています。そのひとつが「生物多様性の喪失」です。つまり、地球上の生物の種が「異常なスピード」で減少しているのです。世界の人口が急激に増えている一方で、ヒト(ホモ・サピエンス)以外の多くの種が絶滅に近づいています。

とはいえ、種の絶滅の瞬間を目撃した人は(ほとんど)いないでしょう。生物多様性の喪失は非常に実感しにくい問題です。

では、人間はどのようにして生物多様性の喪失を認識したのでしょうか? また、実際にどの程度のひどさで絶滅が進んでいるのでしょうか? 現在の生物多様性の喪失は、「生命史上最悪の大量絶滅」なのでしょうか?

絶滅の危機に瀕する100万種

人間活動のせいで、多くの生物種が絶滅の淵にまで追いやられています。乱獲、生息地の破壊・分断、環境汚染など、人間のさまざまな活動が生き物にダメージを与えているのです。

 

この事実はほとんどの読者がご存じでしょう。トキ、コウノトリ、二ホンカワウソ、ジャイアントパンダ、トラ、チンパンジー、ホッキョクグマ、……彼らは、絶滅の淵に追いやられている生き物のひとつです。

しかし、絶滅の危機に瀕している生き物(絶滅危惧種)が地球上に何種いるかをご存知の方は、少ないのではないでしょうか。

「絶滅危惧種は何種いるか?」──この問いに対するもっとも確からしい答えは、IPBES(生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットホーム)が報告しています。

IPBESは、科学と各国の政策との連携強化を目的として、国連環境計画の提案により設置された政府間組織です。2019年5月、IPBESは絶滅危惧種の数に関する報告書を発表しました。

この報告書によれば、動植物だけで、少なく見積もっても100万種の絶滅危惧種がいるそうです。その内容は世界を驚かせ、有名な科学雑誌「Nature」が速報を掲載するほどでした。

IPBESが見積もった100万という種の数は、多くの人にとって想像を超える規模であり、にわかには信じられないことでしょう。

特に高校で生物を履修した人は、この傾向が強いかもしれません。というのも、高校生物では、(現在までに命名記載された)動植物の種の数は全部で161万種(動物が132万種、植物が29万種)だと教えられているからです(図1)。

図1 生物を5つに分ける考えを5界説とよぶ。5つの界は動物、植物、菌、原生生物、原核生物からなる(このうち、原核生物を除いた4つの界は、真核生物としてまとめられる)。図はそれぞれの界に属する種の数を示している。また、種数がもっとも多い動物界がいくつかのグループに細分されている。種数最大のグループが昆虫類がであることがわかる。一方、ヒトを含む脊椎動物は小さいグループにすぎない。脊椎動物の1グループである哺乳類は5000種にも満たず、図示できないほど小さい

161万種のうちの100万種が絶滅危惧種だとすれば、動植物種全体の62パーセント以上を占めることになります。しかし、絶滅危惧種の割合は、本当にそんなに高いのでしょうか?

それでは、IPBESが絶滅危惧種を100万種以上と見積もった、その根拠を紹介しましょう。