グルメ王ならぬコスパ王?アンジャッシュ渡部さんの「究極コスパ不倫」

グルメも不倫もコスパを重視した結果…
堀井 亜生 プロフィール

私の見てきた男性たちは皆さん一般人で、女性と知り合って仲良くなるまでの過程にも手間やコストが多少かかっていましたが、グルメの趣味を通して広い交友関係を持っていて、かつイケメンで誠実そうなイメージだった渡部さんであれば、ちょっと声をかけるだけですぐに女性たちと親しくなれたでしょう。

その上で、ホテルやレストランを予約する必要も、甘い言葉をかける必要もなく、お金をかけずに短時間でことを済ませ続けていた渡部さんの不倫は、まさに「究極コスパ不倫」と呼べるのではないでしょうか。

さて、法的な観点でいうと、妻の佐々木希さんは渡部さんと不倫相手の女性たちに慰謝料を請求することができますし、もし離婚を選ぶのであれば、財産分与や養育費も得ることができます。

佐々木希さん〔PHOTO〕gettyimages
 

ただ、渡部さんは慰謝料などで清算できないような打撃を受けるのは間違いありません。

上にも書いた通り、コスパ不倫型男性に共通する特徴として、本人は家庭を壊すつもりがないことが挙げられます。そのため罪悪感を持つことができず、女性と会うことをやめられない傾向があります。

したがって、渡部さんが私生活を改めてイメージを回復させるのは、かなり難しいかもしれません。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/