元リクルートの森田亜矢子さんが立ち上げたサイト「ぱぱままSTART UP」で5月17日に公開した「23区内公立小ICT進捗状況★草の根ウォッチ」は、23区でのICT教育の現状を可視化しました。3月2日の休校から5月17日までに4つの区をのぞいてほどんどICT教育が進められていない現状が明らかになり、大きな話題となりました。

ただこれは、ICT教育を進めていない誰かを責めるためのものではなく、現状を認識したうえで、日本の公教育を良くするために私たち全員でできることはなにかを考えさせてくれるものでした。森田さん自身も新しく小学生になったお子さんと保育園児の2児の母。そこで、保護者の立場として、自分の子どもだけではなく、日本の教育をより良くするためにどうしたらいいのかを体験をふまえて考察していただく「プロ保護者のマインドセット」。

ここでいう「プロ保護者」とは、「しっかりした保護者」ということではなく、「子どものために学校やその他の組織と協力して現状を改善していける親」のことです。今回は、授業が再開し、対面授業が始まったからこそ考えたい「今後ICT教育がきちんと進むために大切なこと」について考察いただきます。

学校再開! ICT教育進んでる?

全国各地で学校が再開され、友達に会えるのを楽しみにしているお子さんの笑顔に、ホッとされている保護者の皆さんも多いのではないでしょうか。我が家の新・小学1年生の娘は、GW明けに始まった『保護者へ丸投げ型・時間割ベースド家庭学習』によって、開始2日後に「こんなつまらないことを無理やりやらされるのが小学校だっていうなら、私は小学校なんて嫌いだ。小学校をやめて保育園に戻ります」の発言が飛び出し、おいおい、学校が始まる前にドロップアウトかよ!と私は大慌てだったのですが、そんな娘も、現在は「学校は楽しい」と言って機嫌よく通っております。

こんな風景が戻ってきた。ICTも進んでいるはずではある Photo by iStock

しかし、学校再開によって、教育ICT環境整備の動きが鈍っていないか? ということに、日々焦りを感じております。今年の夏は、休校で遅れた授業時間数を消化するために、夏休みを短縮して登校させようという計画がありますが、真夏にマスクして窓全開の教室にいたら、今度は熱中症で死ぬリスクが高まるんじゃないの? という不安が起こります。

いつ第2波がやってきて、再び一斉休校になるやもしれない日々なので、ぜひ、公立学校の教育ICT環境整備をワープスピードで進めていってもらいたいものです。今回は、ICT化を進めるにあたっても必要となる、「建設的な対話スキル」について、私の考察をご紹介したいと思います。