元リクルートの森田亜矢子さんが立ち上げたサイト「ぱぱままSTART UP」で5月17日に公開した「23区内公立小『ICT取り組み状況』草の根ウォッチ」は、23区でのICT教育の現状を可視化しました。3月2日の休校から5月17日までに4つの区をのぞいてほどんどICT教育が進められていない現状が明らかになり、大きな話題となりました。

ただこれは、ICT教育を進めていない誰かを責めるためのものではなく、現状を認識したうえで、日本の公教育を良くするために私たち全員でできることはなにかを考えさせてくれるものでした。森田さん自身も新しく小学生になったお子さんと保育園児の2児の母。そこで、保護者の立場として、自分の子どもだけではなく、日本の教育をより良くするためにどうしたらいいのかを体験をふまえて考察していただきます。

森田さんはその一連の考察に「プロ保護者のマインドセット」と名付けました。『プロ保護者』とは、「しっかりした保護者」ということではなく、「子どものために学校やその他の組織と協力して現状を改善していける親」のことです。2回目のテーマは、「意見とクレーム」。ICT教育の進まない背景には、モンスターペアレンツの存在もあると言われていますが……。

保護者丸投げ型「無理ゲー」

GW明けに始まった『保護者へ丸投げ型・時間割ベースド家庭学習』によって、ただでさえ家の中で子育てと仕事を両立させるという『無理ゲー』な自粛生活でストレスを溜めていた多くの保護者は、瀕死の状態に陥ったことと思います。「瀕死になってるのはうちだけ? みんなはどんな状況?」という疑問から始めた、『23区公立小学校ICT進捗状況★草の根ウォッチ』が、想像以上にバズりました。

「23区公立小学校ICT進捗状況★草の根ウォッチ」より
拡大画像表示

きっと、私と同じように『無理ゲー』に苦しみ、ICTの活用に活路を求める保護者が他にもたくさんいたんだろうなと感じます。

ちなみに、ICTが進んでいる文京区や渋谷区の保護者からは、「いやいや、紙がデジタルになっただけで、勉強に向かわせるところは相変わらず親まかせだから、めっちゃ負荷高いよ!」とのお声も。ICT化が遅れている自治体の保護者の皆さんは、「羨ましい」と思うかもしれませんが、現場の「ICT活用力」は一朝一夕にはいかないでしょうから、まだ今は50歩100歩かもしれません(と、フォローしときましょう。笑)。

今回は、私が公立小学校のICT進捗状況を可視化しようと思った理由と、その後実施した「保護者アンケート」で見えてきた「学校と保護者の関係性」についての考察をご紹介いたします。

世界中の多くの家庭でこんな光景があったはず…Photo by Getty Images