「プロ保護者」とは

しかし実際は、『保護者がサポート型』でも、結局は学びに向かわせるところの親の負荷は依然としてかなり高いのですが、私たち保護者の気持ちに寄り添いご対応いただいた学校や先生方には大変感謝しています。子ども自身の声を入れておいたのも良かったのかもしれません。

前提としてお伝えしたいのですが、先生方も決して、「保護者を苦しめてやろう」「子どもたちを苦しめてやろう」と考えているわけでないはず。良かれと思ってやっていることが100%だと思います。(中には、「本当はこうしたいけど今はできないから苦肉の策でこうしています」、というものもあるでしょう)

私は、この最初のアクション起こし、そのアクションのアウトカムを得たときに、「学校や先生方と保護者が目指す方向は同じだ!」と感じました。そして、子どもたちの教育環境をよりよくしていくために、先生が気づけない「家庭の中での出来事」を、保護者が愛のあるフィードバックとして学校へ届けていくべきだと決意したんです。

Withコロナは、まだ続きます。いつ再びの一斉休校、フルリモートワークが始まるか分かりません。こんな事態は、今日本に生きていらっしゃる最高年齢の方でも初めてでしょう。つまり、対処法が確立されていないわけなので、学校も保護者も子どもも、全員が暗中模索の状態です。この混乱の中で、学校と保護者が果たすべき役割は異なるかもしれませんが、目指すべき方向は同じで、「学校が休校になっても、子どもたちが楽しく学びに向かえること」ではないでしょうか。

だからこそ、私たち保護者も、今こそ『プロ保護者』の意識を持って、自分が果たすべき役割について、それぞれがじっくり考えていけたらいいですね。『プロ保護者』は、「しっかりした保護者」ということではなく、「子どものために学校やその他の組織と協力して現状を改善していける親」だと、私は定義しております。

コロナ元年は、プロ保護者元年。私たち保護者が、「コロナによって日本の学校教育はさらに良くなった」という歴史作りの一助になれたら嬉しいです。

文部科学省も、教育委員会も、学校も、教員も、そして保護者も、みな子どもたちのためにいい教育を作り上げたいと思っている。だからこそみなで協力して、さらに良くしていきたい Photo by iStock