プラスチックごみを授業料に。
より多くの子どもに学びを

Akshar Foundation School インド

ソーラーパネルの設置と操作法を学んで地元の環境向上に役立てたり、動物シェルターでは動物を保護し里親が見つかるまで面倒を見たりと、その他の課外授業もエコロジカルだ。

インドでは貧しい家庭は家計を助けるため10代前半でも働きに出され、彼らが勉学を続けるのは大変難しい。そんななか2016年、アッサムに革新的な学校がつくられた。〈Akshar Foundation School〉が考案したのは、授業料がかからず、学校でお金を稼げるシステム

生徒達は毎週、少なくとも25アイテムのごみを授業料代わりに学校に持って行く。また、10代の生徒は自身が学ぶ時間以外に、下級生に勉強を教えることによって対価を得ることができるのだ。利益があるなら親も文句は言わず、子どもを学校に送り出す。ここの多くの生徒はもともと採石場で働いていたが、再び学びの場に戻ることができた。

課外授業では自分たちで集めたごみを使って、エコブリック(ペットボトルにプラスチックごみを詰めたペットボトル製レンガ)を作り稼ぐこともできる。こうしてリサイクルを学び、様々な活動を通して、社会性を培う。

学校で学べるということはこんなにも素晴らしいことなんだと、キラキラした子どもたちの顔から考えさせられる。
www.aksharfoundation.org