早くも話題騒然…清原果耶主演『おかえりモネ』に見る朝ドラ成功条件

SNS上では、すでに期待度MAX
高堀 冬彦 プロフィール

いかなる人物も演じられてしまう

『日本映画オルタナティヴ』(彩流社)などの著書がある映画評論家で北海道大文学部の阿部嘉昭教授は清原の演技力をこう解説する。

「周囲の共演陣に同調しながら、自分がその場でどんな演技をすればいいのかが分かる人。作品が要請している自分になれる」(阿部教授)

若手男優、女優は等身大の自分に近い役柄に扮するケースが目立つが、清原はそうではなく、いかなる人物も演じられてしまうという。

NHK ドラマ10『透明なゆりかご | HPより

例えば、清原が『透明なゆりかご』(NHK、2018年)で演じた主人公の看護助手・青田アオイと、やはり清原が『俺の話は長い』(日本テレビ、2019年)で扮した思春期の少女・秋葉春海は人物像がまるで違った。だが、清原はどちらの役柄にもなりきった。作品の要請に応えた。それを阿部教授は高く評価する。

「この2作品での清原さんは目つきすら違った。ドラマのモードによって、目まで変えられてしまう人なのだと感心した」(阿部教授)

 

初主演作だった『透明なゆりかご』は文化庁芸術祭大賞(テレビ・ドラマ部門)を得た。番組制作者らが選ぶATP賞テレビグランプリのグランプリにも選ばれた。清原の演技を評価しているのは限られた人たちではない。

「おそらく何でもやれてしまう人なのだろう。朝ドラに起用されたら、朝ドラのモードできっちりと演技をするはず」(阿部教授)

編集部からのお知らせ!

関連記事