Photo by gettyimages

160社を実名公開、アフターコロナ「生き残る大手企業・倒れる大手企業」

超大手・安定業種でも油断はできない

経験したことのない大変化

私たちに求められる「新しい生活様式」、そして世界的な社会構造の変化で、ほとんどの企業のビジネスモデルは瓦解する。

最終ページからの表では、経営の専門家6人に、大手160社の今後を◎(5年後も安定)、○(3年以内のリスクに対応)、△(1年は乗り切れる)の3段階で評価してもらった。

◎や○が多く付いた企業は、これからも経営は比較的安定する見込みだ。逆に言えば、△が多かったり、無印評価が多かったりする企業は、1年後や3年後には危うい可能性が高い。

社会変容によるインパクトは甚大で、トヨタのような一生安泰と思われていた企業・業種でさえ、どうなるかわからない。

Photo by gettyimages
 

「人が移動すること自体が減り、少なくとも今後2年間は車の売り上げは落ちると思います。長期的に見ても、需要が完全に回復する見込みは薄い。豊田章男社長は今後1年の売り上げを2割減と予想していますが、この数字にこだわると、トヨタも危ない」(百年コンサルティング代表の鈴木貴博氏)

一橋大学大学院経営管理研究科の名和高司客員教授も言う。

「5年以内に考えられるのが、日産グループの解体です。提携を結ぶ三菱自動車の存在も、生き残りを保証するものになりえない。傘下の部品メーカーも同様で、日産はブランドしか残らないかもしれない」