ワクチンを打ってない人を
救う取り組みが始まった!

現在、HPVワクチンは、小学6年生~高校1年生の女子で希望者には、公費(無料)で打てる定期接種となっている。けれど、2000年度生まれ以降、つまり今の大学生世代を中心に、ワクチンの情報を得られないまま対象年齢を超えてしまった若者が多くいる。そこで、接種年齢を過ぎてもOKな『キャッチアップ接種』を可能にして、打ちそこなった若者を救済しようとしているのだ。

産婦人科医の高橋幸子さんは、署名活動を立ち上げた理由を次のように話す。

「防げる病気で命を落とす人たちがいるのに、国はHPVワクチンの積極的勧奨を中止したまま動きません。各家庭に自治体からの“お知らせ”が届かなくなってから、接種率はほぼ0%のまま。国や予防接種の実施主体である自治体を動かすためにも、当事者やその親たちの声を届けなくてはと思いました。

まず知ってほしいのは、“子宮頸がんは、HPVワクチンでその多くが防げる”ということ。そのことから、打ちたいと希望する人もいるのに、適切な情報が届かない。無料で接種できる機会を奪われたのは国の責任です。国がいつまでも止めているのはおかしいと思いませんか」

子宮頸がんに罹患する人は、想像以上に多い。毎年約1万人が診断され、年間約3000人が命を落としている1日にするとおよそ8人が亡くなっている計算だ。この病気を予防するものとして、世界のスタンダードになっているのがHPVワクチンだ。子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)は、性行為や皮膚の接触によって感染する。性交経験のある女性の8割は知らない間にかかっているとされるほど、身近なウイルスだ。近年は、性行為開始が低年齢化していることから、若い女性での感染者数が急増しているのだ。

副反応ばかり論点になるが、子宮頸がんになる人が驚くほど多い現実も知ってほしい。photo/iStock