顎の舌を撫でられると、無条件にだらけ顔に

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

今日紹介するのは、ペルシャ猫の多頭飼育崩壊の現場から来た「ぺろちゃん」です。いつも舌がぺろっと出ていて、なんとも愛嬌のある表情をみせてくれる猫さんです。現在、13歳とシニア世代に突入していますが、とっても元気です。

写真/ミグノン
名前:ぺろちゃん
年齢:13歳
性別:女の子
性格:マイペースでのんびり屋。撫でられるの大好き

ぺろさん、右目が白濁していて見えないのですが、生活にはまったく支障がありません。下顎の犬歯がニョキッと伸びていますが、そんな表情もなんともぺろちゃんらしくかわいいです。

シニア世代なので、アクティブに遊び回るというわけではありませんが、まだまだ元気いっぱい。ひとつひとつの表情が本当に、個性的でかわいいので、何時間でもみていられます。特に、顎の下を撫でられると、メロメロって表情をみせてくれます。こんなぶさかわなぺろちゃんの魅力にハマってみませんか?

写真/ミグノン

ぺろちゃんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

ウサギの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」も募集中です

3月にウサギの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものウサギを保護することになりました。それに伴い、譲渡してくれる方だけでなく、ウサギのケアをしてくれる「預かりさん」も募集しています。預かりボランティアとウサギの飼育に関しては下記をご確認ください。

預かりボランティアって何?

うさぎの飼養に必要なものは?

上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。

※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください

仕事の合間にボランティアで保護活動を行なっているため、電話での問い合わせや見学の受付を行なっておりません。順番にお返事を差し上げますので、ご用件はお問い合わせフォームよりお願いします。