「ロボットが会話を代行する婚活パーティーin竹芝」イベント当日の様子(サイバーエージェントプレスリリースより)

「会話代行ロボット」も! 最新「リモート婚活」の進展がすごい

AIマッチングサービスも結果を出した
AIやビッグデータの活用はさまざまな分野で大きな革新を起こしていますが、その波はいわゆるマッチングサービスの業界にも押し寄せています。

自動的な相性診断、ロボットの会話代行……。AIを活用した「婚活」の驚くべき現状をのぞいてみましょう。

この記事は〈Ledge.ai〉より作成しました。元記事はこちら
Text by 外山遼、高島圭介

Creative 1株式会社は5月11日、婚活イベントを運営する法人向けに、AIを活用したマッチングサービス「D-AI(デアイ)」の提供開始を発表した。

 

D-AIはお互いのライフスタイルや志向性といった内面をもとに、AIを活用した独自のアルゴリズムを用いてマッチングすることで、より相性が良い人生のパートナーと出会える場を創出することを目指したマッチングサービスだ。

photo by iStock

D-AIは公式サイトで年齢認証としてクレジットカード情報を入力すると会員登録できる。プレミアムコースは男性は月額1,500円(税抜)、女性は月額900円(税抜)で利用可能だ。なお、AIマッチングサービスはプレミアムコース限定となっている。

AIが相手との相性を判断

Creative 1は個人情報およびプライバシーの保護を最優先事項としてサービスを開発しており、Tカードのデータを統計的に分析した傾向データを用いてAIマッチングサービスを提供している。

AIマッチングサービスは利用者があらかじめ持っているTポイントカード(Tカード)の利用情報をもとに、ライフスタイルを「衣」「食」「住」「遊」「動」「その他」の6つの傾向データに分類し、相手との相性度を1.00から5.00で表示する。

それにくわえて、有料プランではペア機能を利用でき、相手がペア承認するとお互いの写真や年収、メールアドレスを見られるようになる。

オンライン婚活イベントでの活用

現在、オンラインミーティングのツールを活用したオンライン婚活イベントのニーズが高まっている。D-AIを活用すれば、直接同じ場所で対面できないオンライン婚活イベントにおいても、人と人がお互いの相性をより知ることができる。