全米を揺るがした衝撃の事件

ワシントン州の小学校の教諭であるメアリー・ケイ・ルトーノー(当時34歳)が、自分のクラスの生徒、ヴィリ・フアラアウ(当時13歳)と性的関係をもち、児童レイプの罪で逮捕された事件だ。逮捕された当時、メアリーは既婚者で4人の子供がいた。メアリーがヴィリに宛てたラブレターを夫が見つけたことから2人の関係が発覚したのだが、その時、メアリーはヴィリの子供を妊娠していた

写真はイメージです(以下同)〔PHOTO〕iStock

ヴィリの子を出産後、刑務所に収監されたメアリーは、80日後に性犯罪者の治療を受けることと、ヴィリに会わないことを条件に仮釈放された。が、驚くべきことに、仮釈放後すぐにメアリーはヴィリとカーセックスに及んでいるところを警察に見つかってしまう。さらに、このとき2人はパスポートと多額の現金をもち、国外逃亡を図ろうとしていた。驚きはまだ続く。この逢瀬でメアリーはまたもヴィリの子を授かったのだ。彼女は刑務所内で出産し、子どもたちはヴィリの両親が育てることとなった。

2004年、7年間の刑期を終えたメアリーは出所まもなく、ヴィリと婚約。ヴィリの嘆願書が聞き入れられ、裁判長はメアリーとヴィリの再会の禁止命令を取り下げたのだ。その翌年の2005年に2人はワシントン州のワイナリーで結婚式を挙げたのだが、この式はテレビのニュース番組が取り仕切り、全国に放映された