photo by Gettyimages
# 日本経済 # 新型コロナウイルス

コロナリストラが日本を襲う…!失業増で「消費の崩壊」が始まった

4月消費支出11.1%減は序の口

すべての費目で大幅減

壊滅的な消費悪化が鮮明になってきた。総務省が6月5日に発表した4月の家計調査で、2人以上の世帯の消費支出が26万7922円と前年同月比で実質11.1%減った。

昨年10月の消費増税以降、マイナスが続いてきたが、2月の0.3%減から、3月には6.0%減、そして4月は11.1%減と、まさにつるべ落とし状態になっている。

費目別では、「被服及び履物」が55.4%減と大幅に減少、教養娯楽費も33.9%減った。新型コロナウイルスの蔓延に伴う緊急事態宣言が出された結果、外出が激減したことで、衣料品が売れなくなり、旅行での宿泊などへの支出も大幅に減った。

Photo by GettyImages
 

食料への支出も7万3919円と6.6%減った。自宅勤務などによる「巣ごもり」の結果、家庭で購入する食品への支出は大幅に増えたが、外食への支出が減った結果、差し引きではマイナスになった。

食品は、肉類19.7%増、乳卵類18.5%増、穀類10.7%増、野菜・海藻10.0%増、魚介類7.0%増といずれも大きく増えた。油脂・調味料の消費額が21.6%も増えたのをみても、家庭で料理する機会が大幅に増えたことを物語っている。酒類も21.0%増えた。