毎年公表される世界各国の男女格差をランキングで示す「ジェンダーギャップ指数」。世界経済フォーラムの最新データによると、日本は153ヵ国中121位。前年度の110位と比べると大幅にダウンしたどころか、過去最低の結果となった。この数字から分かるように、日本のジェンダーギャップは、思っている以上に深刻なのだ。けれど「日本にはジェンダーギャップがあることさえ気づいていない女性もまだまだ多いと思います」と語るのは、BLAST Inc.CEOの石井リナさん。

石井さんは、女性向けエンパワーメントメディア「BLAST」の運営をはじめ、女性へのエンパワーメントをさまざまなシーンで発信している。とくにミレニアル世代の女性への影響力は多大で、じわじわと、確実に、今みんなの意識が変わりはじめているーー。

おかしいと思ったことに対しておかしいと口にしないと何も変わっていきませんよね」と語る石井さんに、日本の“ジェンダーギャップ”のこと、そしてナプキン不要の吸水ショーツを作るに至った経緯について語ってもらった。

先進国だと思っていた日本の現実

石井さんがCEOを務めるBLAST Inc.は、女性向けエンパワーメントメディアを運営している。インスタグラムやツイッターを主体とし、取り上げる内容は社会問題からセックスまでと幅広い。ミレニアル世代である石井さんが、大学卒業後ものの5年足らずでメディアを立ち上げたのには、「日本の女性たちに現状を伝え、さまざまな選択肢があることを伝えたい」という強い思いがあった。

「BLAST」公式インスタグラム。国内外で活躍する注目のクリエイターの紹介や、性とセックスについてのオリジナル動画など、独自の視点で切り込んだ情報は、どれも厳選されているのがよく分かる。

「新卒で入社したIT系広告代理店を卒業し、フリーランスでSNSマーケティングに携わっていた2016〜2017年頃。海外のメディアや企業、インフルエンサーたちの発信を追っていたんです。ちょうどダイバーシティーやフェミニズム、#MeTooなどが社会のうねりにある時で、たくさんの人や企業が社会問題と向き合っていました。そんな様子に、日本と海外のギャップをすごく感じていたのですが、ある時、日本のジェンダーギャップ指数のランクの低さ(2016年度111位、2017年度114位)を知って驚きました。私は日本で生まれ育ったので、ずっと『日本は先進国だ』と当たり前のように思っていたのでかなりショックでしたね。今ほどフェミニズムという言葉も浸透していなかったので、きっと私のようにこの現状を知らない人はたくさんいるはず。日本の女性たちに現状を知ってもらい、生き方においてもいろんな選択肢があることを伝えようとメディアの立ち上げを決めました」。