あなたの身近にも…?OB・OGじゃないのに同窓会に来る厄介な人々

これはSNS時代の悲劇かもしれない
秋山 謙一郎 プロフィール

“上から目線”で接してしまい…

とはいえ、Bさんにとってはその元同期生は、いくつになっても防大時代と同じく「世話の焼ける鈍臭い同期」のままだ。酒も入った会合である。ついつい昔に戻って、“上から目線”で接していた。

かつての同期は笑みを絶やさず、防大生時代と同じようにBさんに接してくれた。だが、それはかつての同期の優しさ、「大人の対応」だったようだ。本人はどう思っていたかはわからない。しかし、後輩たちにとっては、「尊敬する階級も年齢もはるかに上の先輩を侮辱する傍若無人な中退者」と映ったのは事実である。

「もう恥ずかしくて。以来、防大の集まりには顔を出していません。今、振り返ると、Facebookで見つけて貰ったときから、中退者として謙虚に振舞っておけば、こんなことにはならなかったのに、と後悔することしきりです」

 

このBさんと同じような例は、具体例を挙げればキリがない。

防大と同じく、結束の強さを誇る海上自衛隊の高校的存在、海上自衛隊少年術科学校(現在は廃校)でも、1年そこそこの在籍にもかかわらず、Facebook内で、後輩の1等海佐(中央官庁の課長補佐クラス)を呼び捨てにして、その1佐を慕う後輩たちから顰蹙を買ったというケースもある。

「呼び捨てにされた1佐は、“大人の対応”で済ませまるしか選択肢はありません。でも、その1佐の同期生や後輩たちは、皆、ブチギレてましたよ」(海自旧少年術科学校OB)

もし、このOBが、呼び捨てにした1佐よりも、今、自衛官として高い階級に就いている、あるいは自衛官ではなくとも、たとえば国会議員、防衛大臣といった誰もが認める高い社会的地位に就いていたならば、1佐の同期生や後輩たちも、いろいろ思うところはあっても、「まだ、黙っていられた」(同)かもしれない。

「辞めた理由を『(暴走)族の仲間から戻って来てくれと言われて……』とか、そういうことを言う人ですよ。そんな輩が先輩面して、出世コースに乗っている同窓の期待の星を呼び捨てにしたら、それは真面目にやってる者からすれば不快ですよね」(同)