# 音楽

日本最大! クラウドファンディングでオンラインフェスの「野望」

withコロナ時代の音楽ビジネスとは

全国のライブハウスを巻き込んでフェスをやる

今年の「やついフェス」は中止になりました。

やついフェスは渋谷ではライブハウス13会場をつなぎ、昨年は2日間で300組を超えるアーティスト、芸人、アイドル、DJ、文化人の皆さんが出演し、1万人が参加してくれた。「三密」以外の何ものでもない周遊型のフェスは、今年は自粛解除になってもできません。しかし何かはやりたい。

ただ、何もないだけなんて空虚で、全く違う形になるけど、それでも、やついフェスっぽさがあるものをやりたいと思いました。

とはいえ、やついフェスを中止にした時点で、大赤字になっています。キャンセル料が取られるし、これまで準備に使った経費もそのまま赤字です。

「じゃあ何かすれば赤字を補填できるか?」といえば、それもわからない。何かやればまた経費がかかるからです。

下手したら新しい事をやる事で赤字を増やしかねない。それでもやる事にしました。

しかも全て無料のフェスにする。オンラインやついフェスです。

会場を盛り上げるやついいちろう氏
やついフェス お笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうが主催する音楽とお笑いのエンタテインメントフェス。2012年からスタートし、渋谷の夜を2日間ジャックするこのイベントは音楽界でも注目。
 

日本中を繋げてフェスをします。北は北海道から南は沖縄まで全国のライブハウスも舞台。お客さんは指一本で日本中を回る事ができる。そんなフェスになります。

歩いて回る必要がないから、世界のどこだってひとっ飛び。

渋谷にこだらず日本中の友達に声をかけて、いろんな場所(北海道、東京、名古屋、京都、大阪、島根、福岡、沖縄)で6月20.21日に同時間で、「オンラインやついフェスティバル2020」をやるつもりです。