Photo by gettyimages

「どうぶつの森」ブームにいまいち乗れない「ゲーム落ちこぼれ」の悲哀

嗚呼、こんなに現実が苦手だったとは…

『あつ森』に心惹かれてはいるが…

高木です。近頃よく人から『あつまれ どうぶつの森』なるゲームを勧められます。「何それ? ズーキーパーみたいなやつ?」と聞いたら全然違いました。

なんでも、動物たちと一緒に無人島をどんどん開発・発展させていくゲームだそうです。キャッチコピーの『何もないから、なんでもできる』の通り、色々なアイテムを駆使してDIY感覚で島を自分色に染めていき、やって来る動物たちと楽しく暮らす。

時には友達のプレーヤーが自分の島に遊びに来てくれたりもする。ゲームというよりは、バーチャルな空間での日常を楽しむツールのようです。「セカンドライフみたいなやつ?」と聞いたら怒られました。

『あつまれ どうぶつの森』ゲーム画面(画像は任天堂公式サイトより)

ともあれこの『あつ森』に、心惹かれたのは事実です。しかし今のところ手を出すことに二の足を踏んでいます。というのも、私はこういったいわゆるテレビゲームの類をほとんどやりません。

過去を振り返れば、小学生時代はファミコンとゲームボーイ、中学生ではスーパーファミコン、高校ではプレステにセガサターンにNINTENDO64など、それなりにゲームと共に子供時代を過ごしてきました。しかし現在ほとんどやらない。その理由は極めて単純で、ゲームがヘタクソだからです。

 

というわけで今回は、テレビゲームがヘタクソな人間によるテレビゲームの思い出……という何か禅問答みたいなやつです。

全然パンチが当たらない

自分のゲーム遍歴をおさらいすると、有名なゲームではスーパーマリオシリーズとか、マリオカートとか、ドクターマリオとか、そういうのはやったことがあります。理由は忘れましたが、マリオと名のつくものは無条件で良いものだ、みたいな、強いマリオ信仰を抱いておりました。

2Dの格闘ゲームのブームがちょうど高校時代だったので、ストリートファイターIIは好きでした。使っていたのはエドモンド本田です。他にも餓狼伝説とかワールドヒーローズとか、SNK系のやつもよくやっていました。