エステサロンや大型家電店で、
次亜塩素酸水噴霧の実態

このところ毎日のように報道されている「次亜塩素酸水の噴霧問題」。6月4日には、文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課が『学校における消毒の方法等について』という見解を発表した。

学校での次亜塩素酸水噴霧に関しては、「有効性及び安全性は明確になっていると は言えず、学校には健康面において様々な配慮を要する児童生徒等がいることから、児童生徒等がいる空間で使用しないでください」とまとめている。

次亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸水についての表記も『学校における消毒の方法等について』文部科学省

これで学校内での「次亜塩素酸水」に関する扱いについてはひとつの指標が出てきたが、この話題の「次亜塩素酸水」、コロナ禍では出会うことが多い。私自身も買い物に出かけるたびに遭遇する。

地元にある家具や生活雑貨を扱う人気の大手ホームセンターでは入口とカートの横に、「次亜塩素酸水」とマジックで大きく書かれた透明のスプレーボトルが置いてあり、その横に「手指消毒剤としてお使いください」と張り紙がされている。今月頭に行った都内の大型家電店では、入口で「消毒してください」と店員が手にした次亜塩素酸水のスプレーで、手の平と全身に3プッシュぐらい噴霧されたこともあった。

「アルコール」と明記していないものを見てみると…ということは少なくない Photo by iStock

友人からはこんな話を聞いた。今月に入り3ヵ月半ぶりにエステ行ったところ、「うちのサロンでは、次亜塩素酸水で噴霧消毒しているからウイルス対策は万全なので安心して」と断言されて、入口で有無も言わさず、噴霧され、室内には次亜塩素酸水が入っている加湿器が稼働していた。友人は、次亜塩素酸水の噴霧が問題視されていることを知っていたので、やんわりと店長にそのことを伝えたら、「危険なのは、“次亜塩素酸ナトリウム”の話で、うちのサロンで使っているのは、食塩と水を電気分解しただけだから超ナチュラル。だってケミカルなものは嫌でしょ。自然破壊にもならず、人体にもやさしいから安心して」と笑顔で受け流されてしまったという。

さらに、編集者Aさんの友人は、夫が帰宅すると玄関で、次亜塩素酸水が入ったスプレーを夫の全身に噴霧しているという。Aさんが「それって肺や気管に影響が出る可能性があるからやめたほうがいいって記事がたくさん出ているよ」と次亜塩素酸水に関する記事を送ったら「この記事、ダンナに見せないようにしないと」と返事が。「見せないようにして噴霧をやめてくれたらいいけど、そのまま噴霧を続けていたら、それはホラーでしかないですよね」と話していた。