東京都薬用植物園

激レア薬草も麻薬原料も1600種栽培!「薬用植物園」に潜入したら

おどろきの「底力」を主任研究員に訊く
約7000種類もの植物が生育する国、日本。豊かな植物に恵まれていることもあり、薬草が重宝されてきました。それは現在でも変わることなく、漢方薬として一般生活に普及しています。

そんな薬用植物を世界中から集めて研究しているのが、東京都薬用植物園です。今回、ここで働く東京都の職員であり薬剤師でもある主任研究員 中村耕さんにお話をうかがいました。

東京都内でただ1ヵ所の公立の薬用植物園

──まずは東京都薬用植物園について教えてください。

国内だけでなく世界中の貴重な薬草や草木など約1600種を栽培している都内で唯一の公立の薬用植物園です。薬用植物の調査や収集、試験検査はもちろんのこと、植物園として一般の方にも開放されていて無料でご覧いただくことができます。

中村耕さん

──そもそも薬草は、病気とか怪我に効果がある植物という認識で大丈夫ですか?

薬用植物ですから、その名の通り薬効を期待して用いられる植物を総称して薬用植物と呼んでいます。「薬効を期待して」というところが他の植物との違いですね。

ただ日本だと医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律で、効果が言い伝えられていたとしても、承認がとれていない場合は薬効を謳うことは禁止されています。

本園内での分類としては、大きく3つあります。1つ目が、漢方薬で用いられる漢方薬原料植物。代表的なものは甘草(カンゾウ)、麻黄(マオウ)、葛(クズ)などがありますね。これらは薬局薬店などでも販売されている葛根湯の原料として使われています。

2つ目が、民間薬原料植物です。昔からの民間療法で用いられたものであって、なかには科学的に効能が認められ、日本薬局方に医薬品として収載されているものもあります。主な民間薬として、ゲンノショウコ(現の証拠)という変わった名前の植物は、整腸剤として使われています。

ゲンノショウコ Photo by PhotoAC

あと、有名なのはドクダミ茶のドクダミですね。10の薬効を有していることから「十薬」とも呼ばれ、これも日本薬局方に収載されています。

そして3つ目が製薬原料植物です。医薬品の原料となるさまざまな有効成分が含まれた植物を指します。たとえば、ニチニチソウ(日々草)は、白血病の治療薬成分が含まれています。

──「薬草」は民間療法のイメージが強かったのですが、実際に医療の現場で活躍する場面は多いんですね。

薬局薬店でも漢方薬は販売されていますし、あとは植物からしか合成するのが難しい薬もたくさんあると思います。ケシからはモルヒネが作られていますし、インフルエンザ治療薬として有名になったタミフルもトウシキミの果実の成分から合成されています。

薬草は、過去の医学というわけではなく、むしろ現在においてもさまざまな医薬品の原材料として欠かせない存在ですね。