「とりあえずマスク」ですっかり安心している日本人への違和感

ただの「同調圧力の象徴」になっていないか
青山 潤三 プロフィール

「民度が違う」も違う

筆者は前回の記事で、「中国は衛生観念が低いので、ウイルスが蔓延するのも納得できる」という旨を書きました。確かに、日本と中国の衛生観念や環境は、比較にならないほどに日本のほうが優れています。

しかしそうであれば、中国と日本では、人口の違いを考慮しても感染者数・死者数などに大きな差がついていてもおかしくないはずです。にもかかわらず、両国の被害状況は「比較可能な範囲」に収まっているように見えます。

 

世界を見渡せば、まだ衛生状況が良いはずの欧州各国で膨大な感染者と死者が出ている一方、ブータンなど一人も死者がいない国があります。

先日、麻生太郎財務大臣が、海外からの「なぜ日本はそんなに感染者が少ないのか」という問い合わせに「おたくの国とは違って、日本は民度が高いのだ」と答えたと話し、物議を醸しました。この発言は乱暴ではありますが、同じようなことを思っている日本人も、まあ少なくはないのだと思います。

しかし、それならばやはり、中国と日本でそれほど大差がついていないというのは、どう考えても不可解です。

この不可解な現状が、新型コロナウイルスの一筋縄ではいかない特性を示しているように思われます。少なくとも「マスクが重要だ」で終わらせてしまうのは危険でしょう。

はっきり言えることは、「新型コロナウイルスは “大きな脅威” ではあるとしても、“特別な脅威” ではない」ということ、つまり私たちは、これからこの感染症を「当たり前のもの」(インフルエンザのように)として受け入れ、付き合っていかねばならないということでしょう。