# 新型コロナウイルス

コロナで収入激減した「パパ活女子」たちのヤバすぎる末路

生きるために必要緊急の外出を繰り返す
谷咲 れんげ プロフィール

パパ活アプリで起きていること

パパ活アプリを覗くと、サヤカさんと同様に現在の経済状況で生活が立ち行かなくなった女性が、自主的に肉体関係を提案している様子が見られる。

このような状況に付け込んでか、「大人の関係以外興味ないです」「お茶や食事などの顔合わせは考えていません」など肉体関係を示唆したコミュニケーションを取ってくる下心全開のパパたちも多い。

実は私も幾つかの仕事を掛け持ちしながら、空いた時間でパパ活をしている。私の興味のある仕事をしている人に話を聞きたくて、食事をして、5千円から1万円のお手当をもらうことが多い。

私もパパ活アプリ上で「大人10でだめかな?」という歯に衣着せぬメッセージを受け取った際は「ずいぶんストレートなコミュニケーションだな」と驚いた。

 

生活に困窮したパパ活女子であれば10万円は喉から手が出るほど欲しいだろう。アプリやSNSの出会いがゆえに、本名や居住地、勤務先などは全て隠せる。個人を特定するハードルはかなり高いため、性的な被害に遭ったとしても泣き寝入りすることになる。

デートだけの約束なのに密室に連れて行かれてレイプされたり、避妊をしないでされたり、セックスした後にお金を払わずに逃げてしまう”やり逃げ”も少なくないようだ。

そのリスクはパパ活女子たちも十分に認識してはいる。しかし、みんな口を揃えて「明日生きるためのお金を稼がないと」と顔を曇らせる。どれだけリスクを理解していたとしても自分の体の心配は後回しになってしまうようだ。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/