photo by istock
# 新型コロナウイルス

コロナで収入激減した「パパ活女子」たちのヤバすぎる末路

生きるために必要緊急の外出を繰り返す

日本全体で自粛ムードが高まり、人々が生きるためにステイホームに徹する一方、コロナ自粛の影響で収入が減少したことをきっかけに「パパ活」を始める女子たちがいる。しかし、パパ活市場はいまや供給過多。2時間の食事だけで数万円の”お手当”がもらえる時代ではないという。

パパ活アプリのタイムラインやメッセージには 「“大人”(セックスの隠語)」の文字があふれ、パパ活女子たちは生きるために必要緊急の外出を繰り返していた――。

「食事だけ」で稼げるパパ活は終わった

「生活費が足りなくてパパ活しているんですけど、正直まったく稼げていないです」

都内在住で保育士のユメさん(仮名 25歳)はため息をつきながら言葉を漏らした。25歳にしては幼さを感じさせるのは薄めのメイクのせいだろうか。普段は園児たちに向けられているのであろうその優しそうな微笑みは、パパ活とは無縁の女性に見えた。

パパ活とは、若い女性が年上の男性とデートをして、その見返りに金銭やブランド品を受け取ることを指す。従来のパパ活は食事だけの関係が前提だったが、今日では肉体関係を持つことも一般的になりつつある。

photo by istock
 

一般的にパパ活のお手当の相場は、お茶もしくは食事で1回につき0.5万〜1万円。“大人の関係”つまり肉体関係は1回2万〜5万円と幅がある。しかしこのお手当相場もデフレ状態にある。

現在は新型コロナウイルスの影響でユメさんの職場は休園。給料は6割保証だが、それだけで生活が回らず、パパ活で不足分を稼ごうと思い立ったそうだ。

「パパ活ってよく聞くし、パパ活女子のブログとか見ていると”太パパ”を見つけて食事だけで何十万も稼いでいる人もいるみたいで。食事だけなら私にもできそうだなと思ったんですけどね……」

太パパとは、高級マンションの家賃を負担してくれたり、毎月多額のお金を援助してくれたりする経済的に余裕のある男性を指すパパ活用語。愛人関係のようなものだ。一時期、ネット上では「太パパの育て方」といった記事が出回ったりしたが、今では太パパを捕まえたという記事を見かけることはほとんどない。

もちろん、現実はそこまで甘くない。パパ活サイトも男性よりも女性が多い状態なので、男性に“選ばれる”のも簡単ではないからだ。ユメさんがパパ活アプリを利用して会うことができたのは1回だけで、稼げた金額は1万円。

今のところ保育園が再開される見込みはなく、この生活がいつまで続くのか分からないことに対する不安からパパ活アプリを開いてはパパを探す日々を送っている。