スマホでつながる人は何人?

スマホへの漠とした不安の正体は何なのか。この問いについて考える前に、まず皆さんに質問をしたいと思います。

(1)日常的におしゃべりをする友だちは何人くらいいますか?

(2)年賀状やSNS、メールで年始の挨拶を発信しようと思うとき、リストに頼らず、頭に浮かぶ人は何人くらいいますか?

photo by iStock
-AD-

いかがでしょう。ぼくが今まで学生などに聞いた限り、(1)は10人くらい、(2)は100人くらいまで、というのが標準的な答えです。これは、おそらく全国どこでも同じだと思います。

ぼくが、なぜこのような質問をしたかというと、今、「自分がつながっていると思っている人」の数と、「実際に信頼関係でつながることができている人」や「信頼をもってつながることができている人」の数の間にギャップが生まれているのではないか、そして、このギャップの大きさが、現代に生きる人たち、特に生まれたときからデジタルに囲まれた世界に生きる若者たちの不安につながっているのではないか、そう思うからです。