マスク着用が求められる今年の夏は、熱中症対策がマスト。吸汗性や速乾性、UVカットや接触冷感などの機能を備えたハイテク素材のファッションアイテムを取り入れて、快適に過ごしたいものです。

今回は、これらのハイテク素材を積極的に活用している「WORKMAN Plus+(ワークマンプラス)」、「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」、そして「UNIQLO(ユニクロ)」のエアリズムについて、その違いを見ていきましょう。

WORKMAN Plus+(ワークマンプラス)

アウトドアブランドの定価の1/3を目指して開発されたワークマンプラスは、高機能かつ低価格のアイテムが揃っていると注目を集めています。ららぽーとなどのショッピングモールにも出店するようになり、実際に商品を目にする機会が増えてきたのではないでしょうか。

ワークマンプラスには、アウトドア向けアイテムのFieldCore(フィールドコア)、スポーツウェアのFind-Out(ファインドアウト)、防水機能で雨にも強いAEGIS(イージス)の3つのラインがあります。タウンユースに使いやすいのは、FieldCore(フィールドコア)のシリーズです。

レディース商品はまだ少ないものの、自宅からちょっと外に出るときなどに重宝するアイテムが見つかります。あまり着たことのないアイテムや色柄にも気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

■楽ちん!UVカット&ストレッチワンピース

ワークマン・ワークマンプラス公式アカウントより ハイストレッチUVアクトワンピース/1500円(税込)⠀

ウエストのドローストリングを絞って着用するワンピース。膝上丈になるので、レギンスやパンツとのレイヤードスタイルにしてもよいでしょう。ブラック、グレー、ベージュの3色展開。コーディネートしやすいニュートラルカラーが揃っています。ストレッチが効いているので動きやすく、UVカット効果があるので、ベランピングやお散歩など、日差しが気になるときにおすすめです。