2歳未満だけじゃない、
子どものマスク着用には疑問がいっぱい

日本小児科医会は5月25日、「2歳未満の子どものマスク着用は危険であり、マスクは不要である」という見解を発表した。乳児の場合はマスクをつけることで、呼吸や心臓に負担がかかり、低酸素状態や窒息、熱中症のリスクが高まるためだ。呼吸停止による「乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクは明らかに増す」としている。

この警告を受けて、子育て中の親や保育士さんたちの間で「じゃあ、マスク代わる対策はないの?」「子どもでもマスクをしていないと、周囲から責められるのでは?」といった動揺が広がっている。

そこで前回は、日本小児科医会や小児科医に取材して、「乳児のマスク着用はなぜ危険なのか」や「小さい子どもがマスクを外してもいい理由」、「子どもにとって手洗いや消毒がとても大事なこと」などを伝えた。詳しくは前回のウィズコロナのマスク問題乳幼児編を参照してほしい。

今回は、子どものマスク問題の続きをお届けする。「2歳未満は…」といわれると、「2歳を過ぎたら、マスクをしていいの?」、「最近よく見かけるフェイスシールドを子どもにするのはいいの?」といった新たな疑問も浮かんでくる。新型コロナウイルス感染症は、まだ終息には至っていない。園や学校が再開されている地域も増えてきたが、日々状況が変化する中で、多くの人が不安に思うのも仕方ないことだ。

園児や小学生は問題ないのかなど、子どものマスク問題への問い合わせは多い。(モデルは記事とは無関係です)。photo/iStock

2歳未満とした理由や新型コロナウイルスと川崎病との関連、マスクの代わりにフェイスシールドはしていいのか、などの問題について、前回同様、日ごろ大勢の子どもの診察にあたり、喘息など小児アレルギーの専門医でもある、同愛記念病院(東京都墨田区)小児科の増田敬医師と日本小児科医会に、アドバイスをもらった。