Photo by GettyImages
# 鉄道 # 新型コロナウイルス

それでも日本人が「通勤地獄」から抜け出せない残念な理由

鉄道が変わるだけでは足りない

あっという間に満員電車が復活

緊急事態宣言が解除され、多くの人は日常生活に戻りつつある。それに伴い、巣ごもり生活や自宅待機の日々から解放されるのと引き換えに、通勤・通学も再開され、都心部を中心に満員電車が復活しつつある。

先日までの閑散とした電車内であれば、ソーシャル・ディスタンスを守るため、「人と間隔をあけて座る」という暗黙の了解が十分機能していたように見えた。けれど、通勤ラッシュが始まれば、そんな新ルールはあっさりと崩壊してしまう。

もはや私たちは、このままリスク覚悟で通勤せざるを得ないのだろうか。同時に、この状況に対して、鉄道会社は何の対策も立ててくれないのだろうか。

連日ニュースでは通勤時の混雑ぶりが報じられている(Photo by iStock)
 

少なくとも鉄道会社は、戦後の高度経済成長時代から半世紀ほどの間、この「通勤地獄」解消のため、涙ぐましい努力を重ねてきたのは事実だ。

一定のサイクルで旧型車両を新型車両に置き換える。何回かの重大事故を教訓に安全装置も改良を重ねる。その結果、過密ダイヤにもかかわらず、重大事故は激減した。

沿線人口の増加に伴い、車両編成も増やした。半世紀前には4両編成だった路線も、6両、8両、そして今では10両編成も当たり前になった。

各鉄道会社の複々線化も進んでいる。列車本数を増やし、急行や快速などの優等列車の時間短縮を図ることで、混雑率も若干ではあるけれど減少した。付け加えると、通勤車両の冷房化も進み、夏場は地獄だった車内もずいぶん快適になったように思える。