テレワークの本当の恐ろしさは、オフィスに戻った時に分かる

USBメモリで持ち出したデータが…
松澤 伸一 プロフィール

知らないうちにデータを復元されてしまう

例えば、2019年12月には、神奈川県で使用していた機器のHDDをメンテナンスによって交換した後に返却する際、HDDの初期化を行っていたにもかかわらず、HDDを入手した者がデータを復元したところ、神奈川県の行政文書とみられるデータが発見されたという事例が発生しています。

一般的に、PC等に格納されているHDDは、単に初期化等を行っただけではデータを完全に削除することはできず、比較的簡単に復元できます。これを防ぐためには、データ復旧が不可能な特別な方法によりデータを消去する必要があるのですが、これをテレワーク終了時に各社員が実施することは困難です。

よって、テレワーク中に使用した電子ファイルを個人PCから削除したつもりであっても、完全に削除されずに残っており、後日、そのPCを廃棄・売却等した際に、知らず知らずのうちに当時のデータを復元されてしまう危険性があります。

photo by iStock
 

さらに、テレワークで使用する電子ファイルを個人PCで利用するために、USBメモリ等のリムーバルデバイスを用いて社内から持ち出していた場合はさらに注意が必要です。この場合、電子ファイルの持ち出しに使用したUSBメモリ等には、持ち出したファイルがそのまま残っていることが考えられます。それら以外にも、以前から使用されていた様々な電子ファイルが保存されていたかもしれません。

もし、このように沢山の重要な電子ファイルが保存されているUSBメモリを紛失してしまうと、そこから情報の漏洩につながってしまう危険性があります。さらには、こういったリムーバルデバイスを介したマルウェア感染も多く発生しています。

前述の通り、社内のネットワークやPCと比べて、自宅のネットワークや個人PCは、セキュリティ対策が十分でない場合があります。このような環境でUSBメモリを使用していると、いつの間にかUSBメモリがマルウェアに感染してしまうことが考えられます。持ち出した電子ファイルを社内に戻そうとしてマルウェアに感染したUSBメモリを使ってしまうと、社内のPCやサーバがマルウェアにウィルスをばらまくことになるわけです。