このあんかけで何通りも応用が!

豆腐あんかけチャーハン

豆腐がなくてもアレンジが可能! 撮影/飛田和緒
材料(2人分)
長ネギ 1/2本(小口切り)
しその葉 4枚(千切り)
みょうが 1個(小口切り)
ご飯 茶碗2杯分くらい
塩 小さじ1/4くらい
しょうゆ 小さじ1くらい
油 小さじ2

絹ごし豆腐 小1丁 200g(水切り)
カニカマ 2、3本(手でほぐす)
だし 300cc
塩 ふたつまみ
ナンプラーまたはしょうゆ 少し
片栗粉 大さじ1

【作り方】
1. 熱した油でご飯を炒め、油がなじんできたら塩と薬味野菜(長ねぎ、しそ、みょうが)を入れて炒め、全体になじんだら鍋肌からしょうゆを入れて炒めあわせる。
2. 1を器に盛り付け、ペーパーなどでフライパンをふきとったら、だし、ほぐしたかにかまを入れてあたためる。
3. 軽く水切りした豆腐を手で崩していれ、再び煮立つまであたためる。
4. 味をみて塩としょうゆでととのえ、倍量の水でといた水溶き片栗粉でとろみをつけて、チャーハンにかける。

あんかけが万能! illustration/飛田和緒

うちでは冷凍ご飯をせっせと作っておき、おかずがない時、一皿で済ませたい時にはチャーハンをよく作ります。具材はレシピ通りに揃わなくても、構いません。このレシピも、今日たまたま冷蔵庫にあったものを放り込みました。薬味野菜をいれると香りがいいので気に入ってますが、玉ねぎでもいいし、それもないなら、卵とご飯だけで炒めてもいいのです。

味付けのコツは塩を炒め始めの段階で入れ、ご飯によくなじませること。ご飯は冷たいよりほんの少し温かなほうがほぐれやすいと思います。また、家庭のコンロやIHヒーターでは、お店のようにパラパラに炒めるのは難しいので、しっとりしていても味がよければよしとしています。テレビやお店で見るあおりよりも、フライパンをしっかりと熱源につけて、へらを二本使って、鉄板をイメージする感じで炒めると火がよく通ります。

このチャーハンだけでもいいのですが、あんをかければボリュームがアップするので、満足感も出ます。豆腐の代わりに卵白を軽く泡立てたものを水溶き片栗粉でとじたあんに合わせるとふわふわっと白い雲のようなあんができますし、豆腐も卵白もなしで、かにかまだけのあんも、またいい。この豆腐あんは使い勝手がよくて、チャーハンだけでなく、茹でたアスパラやブロッコリー、レタスにかけてもいいんですよ。