Photo by iStock(写真はイメージです)

10代・20代のSNS世代、自粛で「スマホが嫌になった」の衝撃

人と会うこと、家族の大切さがわかった

新型コロナウイルスと「自粛」を経験して、働き方、暮らし方の大きな意識改革を余儀なくされた私たち。なかでも10代〜20歳前後の若者には、これが初めての大きな社会変革の経験だったという人も少なくないようです。

beforeコロナ/afterコロナで、若者たちの意識はどう変わったのか? 高校生・大学生に尋ねてみたら、聞こえてきたのは意外にも「リアルの大切さ」を実感したという声でした。

コロナでむしろサボらなくなった

原田:今日は新型コロナの影響によって、若者の価値観や生活にどんな変化があったのかについて、高校生と大学生の皆さんの話を聞かせてもらいます。まずは高校生から聞いてみようかな。

さや(高校2年):暇な時間が増えたので、新しい習慣ができました。ダイエットとか、今まで中途半端にしかできていなかったことが継続できるようになった。ストレッチ系YouTuberのオガトレさんのチャンネルを観てやっています。あとは料理も、お母さんに教えてもらったり、YouTubeの料理動画を観たりして、毎日ではないですけどご飯を作ってます。いろいろなことが習慣づいて、かえって無駄な時間を過ごさなくなりましたね。

原田:コロナ以前のほうが、むしろ無駄な時間を過ごしていたってこと?

さや:自粛が始まった最初はやっぱりダラダラ過ごしちゃっていたんですが、いつ学校が始まるかもわからないし、生活が夜型になって朝起きられなくなったらいやだなと思ったんです。あと、学校で出された課題がうまく進められなくて、自分は時間の使い方が下手だということに気がついて。それから計画的にやろうと思って、だんだん時間の効率的な使い方を身につけられたのでよかったです。

Photo by iStock
 

まゆか(慶応大学2年):私も時間の使い方が変わりましたね。通学に2時間くらいかかっていたんですが、それが無くなったことで、時間の余裕ができた。今までは、ちょっと勉強して、それから休んで、次は別のことをして、と細切れに時間を使っていたんですけど、まとまった時間が取れるようになりました。スキマ時間を作らないようにして、映画を観るとか、時間を長くとる必要があることを意識して始めてみたら、生産性がよくなったと思います。