photo by Gettyimages
# 旅行 # 新型コロナウイルス

4月の旅行取扱額「71%減」の衝撃…!旅行業“壊滅”の先行きは

GoToキャンペーンは救いになるか

壊滅の3月

予想されたこととはいえ、旅行業の「壊滅」状況が明らかになってきた。新型コロナウイルスの蔓延で訪日旅行客が激減するなど人の動きが止まっているが、旅行を取り扱う主要旅行業者が苦境に陥っている。

観光庁が5月22日に発表した2020年3月分の「主要旅行業者の旅行取扱状況速報」によると、取扱額合計は1200億円と、前年同月の4198億円に比べて71.4%減少した。

Photo by GettyImages
 

「海外旅行」の取り扱い減少が最も大きく84.7%減、全体の7割超を占める「国内旅行」も63.7%減った。

日本の旅行会社によるインバウンド向け旅行の取り扱いである「外国人旅行」はネット予約での個人旅行の増加もあり、ここ数年、旅行業者の取扱額は漸減傾向にあるが、1月の取扱額はまだ4.8%の減少だった。

海外旅行は6.8%減、国内旅行は5.1%減と減少したものの、外国人旅行は21.0%増とまだ好調だった。中国の春節(旧正月)休みに多くの中国人観光客が訪れたことが要因だった。

新型コロナの影響が深刻化し始めたのは2月から。外国人旅行が一気に冷え込み、35.7%減。日本からの海外旅行が23.9%減、国内旅行も14.6%減と落ち込み、合計で2749億円と18.9%減った。それが前述の通り3月には71.4%の減少になったわけだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら