コロナ直撃で、ANA、JALの経営は苦境に陥っている photo/gettyimages
# 日本経済

JALとANAが合併へ…? 銀行員が明かす「驚愕の再編シナリオ」

コロナで「産業地図」は激変する…!

コロナショックは、われわれ日本人の日常生活や社会の仕組みから、ビジネスの在り方までを根こそぎ変えてしまう。特に影響が大きそうなのが日本企業への影響だ。ではいったい、これから日本の産業界、金融界はどのような姿に生まれ変わっていくのか――。

今回、新作小説『よこどり 小説メガバンク人事抗争』で銀行の在り方について独自の切り口で迫った作家の小野一起氏が、企業の内情に詳しいメガバンクの現役幹部、元日銀幹部など最前線を知る行員たちと緊急対談。「現在の銀行のビジネスモデルは消滅する」「生き残れる会社、死ぬ会社の意外な差」「JAL、ANAは合併へ…!?」「3メガバンクは『1社』に再編へ」など……銀行員たちが驚くべき実情を次々に明かした! 

産業地図が塗り替わるほどの大異変がこれから起きる photo/iStock

デジタル化が「できる仕事」「できない仕事」

小野 「ポストコロナ」「ウィズコロナ」の時代は、コロナ以前とは社会やビジネス、そして金融の在り方も根こそぎ変わってしますのだろうと思います。皆さんは、来るべき社会での銀行のビジネスや組織、そして融資先である企業経営は、どう変化していくと見ていますか。

メガバンク部長A(50代) もちろん、「ポストコロナ」「ウィズコロナ」の時代を見通すことは難しいのですが、一つだけはっきりしているのはデジタル化が加速するということでしょう。

これだけ、オンラインでのやり取りが増えると、その便利さとともに「何が足りないか」を知るきっかけになったと思います。たとえば、うちでいうと経営会議はオンラインに切り替えて意外と不便がない。本部の仕事では、融資の適格性をチェックする審査部門や人事、経営企画などは、かなりの業務がテレワークへの切り替えが可能なことがわかりました。

 

一方で意外と盲点だったのは、支店のバックオフィスの業務です。融資の書類審査でハンコを照合するといった仕事です。これは別会社に切り離しているのですが、8割ぐらいの行員が店舗に出勤しないと仕事が回らない。

また意外な発見だったのは、資金運用をやっているトレーディング部門が、出勤しないと仕事がうまく進まないことです。