photo by iStock

「研究者のための現代新書新人賞」の最終選考結果について

優秀賞3名を決定!

「研究者のための講談社現代新書新人賞」にご参加いただいたみなさま、この度はまことにありがとうございました。

ご応募いただいた全76作品の中から、第一次選考を通過した14作品につきまして、現代新書編集部員8名で改めて最終的な議論を行いました。

その結果、「1つの作品を最優秀賞として選ぶのではなく、最終選考に残った作品の著者候補の皆様一人ひとりに編集者が実際に会ってみる」方向で議論がまとまりました。

14作品はいずれも甲乙つけがたいものであり、皆様全員に直接コンタクトをとって、可能であれば書籍化へ向けたご相談をしてまいりたいという方針で、編集部一同の思いが一致したためです。

それだけ魅力的な作品が多く、白熱した議論となりました。あらためまして、ご参加いただきました皆様に心より御礼を申し上げます。

選考の結果、とくに評価の高かったお三方の作品を「優秀賞」として選出いたしました。

残りの11作品につきましても、6月中に部員(編集者)から連絡を差し上げます。

この度は、初めての試みにもかかわらず、76作品という多数のご応募をいただき、まことにありがとうございました。

これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

講談社現代新書編集部一同

優秀賞(敬称略)

●宇田川敦史

●都島梨紗

●神長英輔